So-net無料ブログ作成

ボロブドゥール寺院(仏教遺跡)(前編)~全景と基壇と・・・ <インドネシア旅行(30)> [インドネシア・パリ島&ジョグジャカルタ]

2012年7月夏休みに、インドネシアへ6泊8日で旅行しました。(前回「ムンドゥッ寺院 (Candi Mendut)のガジュマルの木と、近くの寺院 <インドネシア旅行(29)>」も御覧ください。

ボロブドゥール寺院。世界文化遺産にも登録されている仏教遺跡。

ボロブドゥール寺院

ボロブドゥール史跡公園入場チケット

ボロブドゥール史跡公園に入場します。通常のチケットはUS$20です。チケットを売っているところで、コーヒー、紅茶等を自由に飲むことができます。ペットボトルのお水ももらいました。お手洗いもここで済ませておきます。専門のガイドがつきました。インドネシア人のガイドですが、日本語でガイドしてもらいました。

ボロブドゥール史跡公園入場場所でのフリーのコーヒー・紅茶

ガイドについて、暫く、ボロブドゥール史跡公園を歩きます。でも、公園内の木々によりボロブドゥール寺院が見えてきません。ボロブドゥール寺院の正面の道に出たところで、ボロブドゥール寺院が見えました。

ボロブドゥール寺院

世界文化遺産を示す碑があります。これによると、ボロブドゥール寺院(CANDI BOROBUDUR)は、世界遺産592番目にリストされているそうです。

8~9世紀前後に50年かけて建造されたようですが、その後、1000年以上も密林内の火山灰に埋もれていて、1814年トーマス・ラッフルズにより発見され、その後、1907年から修復され、さらに、1973年ユネスコ主導で大規模な修復が行われ、1983年史跡公園が完成し、1991年に世界文化遺産に登録されたとのこと。

ボロブドゥール寺院・世界文化遺産

いよいよボロブドゥール寺院へ。ここから階段を上っていきます。

ボロブドゥール寺院

丘の上には、壮大なボロブドゥール寺院が。以前は、42mあったそうですが、1925年の雷により最高部が壊れて、現在は、38m。但し、避雷針がつけられているので、それを含めると、42m近いかも(笑)。2010年10月のムラビ山の噴火により一時的に立ち入り禁止になり、その後、修復が続いていて、一部立ち入り禁止部分があります。

ボロブドゥール寺院

最下部の基壇は、正方形の一辺が123mもあるそうです。この外壁のある第1層は、その奥にレリーフがあるということで、外壁の一部が外されて、・・・

ボロブドゥール寺院

隠されているレリーフを見ることができます。

ボロブドゥール寺院

階段を上がって1段上に上がります。回廊は、レリーフと仏像で装飾されています。

ボロブドゥール寺院

仏像も、頭部がなかったり、手がなかったり、します。

ボロブドゥール寺院ボロブドゥール寺院

排水路です。1973年のユネスコの大修復で、別途排水路が作られたため、現在は、当時の面影を残す装飾物というところです。

ボロブドゥール寺院

レリーフの所々が黄色くなっていますが、これは、昔、カラー写真がなかった時代に、モノクロ写真をキレイに撮るために、ペンキで塗ってしまったそうです。昔は扱いがぞんざいだったようです。

ボロブドゥール寺院

さて、第1回廊は、・・・(次回「ボロブドゥール寺院(仏教遺跡)(中編)~第1回廊レリーフ <インドネシア旅行(31)>」へ続く)

ボロブドゥール寺院(仏教遺跡)


nice!(28)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 28

コメント 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。