So-net無料ブログ作成

Cカード取得への道 [ダイビング]

2002年、彼女がスキューバダイビングを趣味としていたので、私も感化されて、スキューバダイビングのCカード取得を決意した。日本国内の某ショップで、講習を受け始めた。学科は何日かの講習の後、優秀な成績(?)で試験に合格し、プール実習を4.5mのダイビング用のプールで始めた。最初の難関は耳抜きしながら潜ること。誰でも最初はそうだが、私も御多分に洩れず、耳抜きに苦労した。鼻をつまんで耳に空気を送るのだが、この感覚がわからない。少し潜ると、耳が痛くて(これは耳抜きができていないから)、少し浮上して、耳抜きをする。これを繰り返すことで、何とか4.5mの底についた。次の実習日にはプール底でマスククリアでパニックった。マスククリアのおさらいで、マスク内のすべての水がクリアできず、鼻で少し空気を吸った時に水が入ってきてビックリ!「呼吸できない!」と思ってパニックってしまった。インストラクターが落ち着かせてくれて何とか、普通に口で呼吸することができた。しかし、このショップでのCカード取得はあきらめざるを得なかった。何故ならば、このショップではクロールで50m泳げなければ海洋実習に進めないのに、私は泳ぐことができなかったのである。(次回へ続く)


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 2

hako

こんな原点があったのですね。
by hako (2009-11-15 23:52) 

えりある

hako さん、コメントをいただき、ありがとうございます。

私がダイビングを始めてからの話をこのブログに掲載しています。「私は泳ぐことができなかった」とここには書いてありますが、この後、スイミングスクールに通って、それなりに泳げるようになりました。この後のブログに書きましたが、この時のショップではなく、泳ぎのチェックがないハワイでOWを取得しました。
by えりある (2009-11-16 21:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。